高麗人参ラボ

高麗人参と更年期障害

女性の更年期とは、閉経前後5年の期間をいいます。大体50歳前後に閉経を迎えるので、45~55歳あたりが更年期となります。閉経を迎えると女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少するので、身体のあちこちで不調を起こしやすく、その症状を更年期症状といいます。
症状を緩和するためには女性ホルモンエストロゲンの量を増やしてあげることが大切ですが、体内でエストロゲンの分泌量を増やすことは難しいため、体外からエストロゲン量を増やす必要があります。
そこでおすすめなのが高麗人参です。高麗人参に含まれているサポニンには女性ホルモンエストロゲンの分泌を促進する効果があるため、エストロゲン不足を解消できます。

更年期障害

女性の45~55歳の更年期に、生活に支障をきたしてしまうほどひどい症状が「更年期障害」です。更年期障害には、頭痛やめまい、吐き気や肩こりなど様々な症状があります。
閉経を迎え、女性ホルモン(エストロゲン)が減少する事で、身体のバランスが崩れ色々な症状が出てきます。最近では、男性の更年期障害も話題になっていますが、男性の場合40歳を過ぎた頃から男性ホルモンのテストステロンが減少し、心身の不調を引き起こしてしまいます。

更年期障害の原因

更年期障害は閉経前後の数年に発症することが多いので、閉経に伴って女性ホルモン(エストロゲン)が減少することが原因の一つと考えられています。女性ホルモンが急激に減少する事で、ホルモンのバランスが崩れ自律神経が乱れ、身体に色々な不調を起こすと考えられています。その他には、心理的なストレスが原因といわれています。それらの原因が重なって心身に様々な症状を引き起こすのです。

更年期障害と高麗人参

更年期障害の大きな原因は、ホルモンの分泌のバランスが崩れることです。
加齢やストレスでバランスが崩れ、自律神経がうまく働かずホルモンを出しすぎたり不足してしまったりして、色々な症状が出てきます。まずはストレスを溜めすぎず、自律神経を乱さないことが大事になります。
更年期障害の大きな二つの要因であるホルモンバランスの乱れと、ストレスに非常に効果的なものは高麗人参です。

高麗人参に含まれているサポニンのジンセノイドには、ストレスを感じにくく、かつストレスの影響を受けるのを抑えてくれるはたらきがあります。またホルモンバランスを調整してくれるはたらきもあるので、自律神経も乱れにくくすることができます。
その結果、ストレスにも強く自律神経も整うので、更年期に訪れる急激なホルモン減少にもブレーキをかけることが出来、症状も最小限に抑える事が出来るのです。

ページのトップへ戻る