高麗人参ラボ

高麗人参と生活習慣病

近年生活習慣病の中でも話題となっているのがメタボリックシンドロームです。
BMI値が25以上、ウエストが男性は85cm以上、女性は90cm以上でメタボリックシンドロームと診断されます。
メタボリックシンドロームの方はそうでない人に比べて脳卒中や心筋梗塞の発症リスクが3倍以上と言われているため、高麗人参を摂って代謝を促進し標準体型へと戻してあげることが望ましいです。
高麗人参には血行促進や代謝アップに効果的な成分が含まれているため、毎日摂ることで今までよりも痩せやすい体を手に入れることが期待できます。
大病を未然に防ぐためにも高麗人参を摂取してみてはいかがですか。

生活習慣病とは

生活習慣病とは、食事や運動、喫煙、飲酒などの生活習慣が原因で発症したり、進行したりする病気のことをいいます。最近ではメタボリック症候群などと呼ばれ、テレビの特集になったりしているので聞いたことがある方も多いと思います。
メタボリック症候群は、内臓の周りに脂肪がたまり、高血糖や高血圧、高脂血や高コレステロールの症状を併せ持った状態のことを表し、放置してしまうと、糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞などの恐ろしい病気を引き起こすとされています。厚生労働省でも、メタボリックシンドロームとして健康診断の診断基準などをつくり、気を付けるよう喚起されています。

肥満とは

メタボリック症候群の内臓脂肪ときくと、おなかポッコリなイメージがあるかと思いますが、実は痩せ形の人でも肥満と診断される場合があります。
肥満の診断基準とは、単純に太っているのではなくBMIという体格指数が25以上の人が肥満と判断されます。最近は、小学校の健康調査票に記載されているところもあります。生活習慣病は、一昔前までは「成人病」と呼ばれていたので、大人の病気のイメージがありますが、最近では子どもの肥満も問題になっていますので、大人だけの問題ではありません。

メタボリックシンドロームと生活習慣病

最近、注目されているBMI(体格指数)とは、体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)をして、20~24の範囲を正常とし、18以下をやせ、25以上を肥満とする判定表です。
この判定の他、ウエスト周囲を測定し、男性は85cm以上、女性は90cm以上でメタボリックシンドロームと診断されます。メタボリックシンドロームの人は、そうでない人に比べ、脳卒中や心筋梗塞の発症リスクが3倍以上と言われています。メタボリックシンドロームを放置すると、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を発症しやすく、症状も悪化しやすい悪循環に陥ってしまいます。風邪は万病のもと、と言われますがメタボリックシンドロームは大病のもと、となり得るのです。

高麗人参の効果

高麗人参にはジンセノサイドという高麗人参特有のサポニン類が含まれています。サポニンはコレステロールを低下させる健康効果がありますが、これはほんの一部の効果で、なんと高麗人参には約40種類のサポニン類が含まれており、様々な病気の予防に役立つ効果があるのです。

血行を改善する

高麗人参を摂取すると、ジンセノサイドの効果によって、副腎皮質ホルモンが分泌され、毛細血管がひらき赤血球が通りやすくなります。それにともなって赤血球の数も増え、赤血球の質も良くなります。その結果、血流の流れがスムーズになり、血行が良くなります。血行が良くなれば、体温が上がり、基礎代謝量も増えます。基礎代謝量があがると、普段の生活でのエネルギー消費量が上がるので今までと同じ生活をしていても痩せやすくなります。さらに運動を取り入れると今までより脂肪の燃焼率があがりますので、ダイエットの効果が今まで以上に感じられるかもしれません。

ストレス解消

生活習慣病の大きな原因の一つに、ストレスがあります。人間はストレスを感じた時にコンチゾールという物質が分泌されますが、この物質が過剰に分泌されると脳が萎縮し、交感神経が刺激され、血流が悪くなり身体の冷えや肩こり、便秘などを引き起こし、さらには生活習慣病に繋がるような様々な症状を引き起こします。
高麗人参のジンセノサイドは、このようなストレスの原因となるコンチゾールの過剰な分泌を抑える働きがあり、ストレスを感じにくくする働きがあるのです。生活習慣病の原因となるストレスや肥満なども解消し、かつ生活習慣病に繋がる病気の予防にもなる高麗人参をうまく取り入れ、毎日を元気に過ごしましょう!

ページのトップへ戻る