高麗人参ラボ

高麗人参で二日酔い予防・解消

二日酔いの確定的な原因はまだ分かっていませんが、その中でも大きな原因となるのが、お酒を飲んだことによる脱水症状から引き起こされる二日酔いと、肝臓でアルコールが分解される際に発生するアセトアルデヒドによって起きる二日酔いです。
高麗人参にはアルコール分解をしてくれる酵素の働きを活性化させ、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの代謝を促進する働きがあります。
そのため、飲酒時に高麗人参を摂ることで二日酔いの予防や症状を軽くすることができます。

二日酔いとは何か?

お酒を飲んだことがある方なら一度は経験した事があるであろう、二日酔い。
これくらいなら大丈夫かなと思っていても次の日に頭はガンガン、まだ酔っているかのような気持ち悪さ…。人によって、二日酔いの症状の出方は様々かと思いますが、どれも非常に辛い症状ですよね。
なぜ、二日酔いになるかというと、実はまだ確定的な原因は分かっていないのです。ですが、その中でも大きな原因となるのが、お酒を飲んだことで水分が不足し、脱水症状になり引き起こされる二日酔いと、肝臓でアルコールが分解される際に発生するアセトアルデヒドによって起きる二日酔いです。

二日酔いの原因

脱水症状による二日酔い

アルコールによる脱水症状、と聞くと不思議な感じがしますよね。アルコールと言えども、水分を摂取しているのだから…と思いがちですが、アルコールには利尿作用があり、摂取している以上に水分が尿として排出されてしまうのです。なので、飲めば飲むほど、さらにはアルコールの度数が高ければ高いほど利尿効果は強いので水分不足が起きてしまいます。さらには、アルコールを摂取すると、体温が上がるので発汗しやすくなり、汗としても水分が出てしまうので、なお水分が不足してしまうのです。結果、次の日に脱水症状による頭痛、吐き気、身体のだるさなどを引き起こしてしまいます。

アセトアルデヒドによる二日酔い

アルコールは肝臓によって分解されアセトアルデヒドという物質に変わります。このアセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸に分解されます。ですが分解されずに残ってしまうと、アルコール自体は分解されていても、気持ち悪さや吐き気などのお酒を飲み過ぎた症状が続くのです。これがアセトアルデヒドによる二日酔いです。

二日酔いには高麗人参が効果的

二日酔いの原因は他にも色々と考えられますが、アルコールはまず100%肝臓で分解されます。なので、とにかく二日酔いの予防・解消にはまず肝臓の働きを良くすること、強くすることが大事なのです。実は、この二日酔いの予防にも解消にも効果的なものが高麗人参です。

高麗人参の働き

高麗人参は、アミノ酸やビタミン、ミネラルなど必要な栄養素を多く含んでいます。
その中でも注目したいのがジンセノサイドという成分です。
このジンセノサイドとは、高麗人参特有のサポニンを表しますが、サポニンとは植物の根などに多く含まれる成分です。ゴボウなどに多く含まれ、コレステロールなどを下げる働きがあります。
この高麗人参特有のジンセノサイドには、アルコールを分解するアルコール分解水素酵素の働きを活性化させ、アルコール分解後にでき、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの代謝を促進する働きがあります。なので、アルコールを飲む時に、高麗人参を一緒に摂取しておくとアルコールの分解と解毒が促され、二日酔いになりにくくなるのです。
二日酔いになってしまった場合も、解毒を促してくれるので、二日酔いの解消に繋がります。

ページのトップへ戻る