高麗人参ラボ

女性に良い高麗人参

女性の悩み

10代の思春期、30~40代の性成熟期、45~55歳頃の更年期と女性は生理を迎えた以降、成長に伴い色々な体調の変化があります。
どの時期もホルモンのバランスが崩れや自律神経が乱れることによって不調が起こっているため、ホルモンバランスと自律神経を整えることが大切です。
高麗人参にはホルモンバランスを整えるはたらきや自律神経の乱れを改善するはたらきがあるため、毎日継続して摂取することで女性特有の不調の緩和・改善効果が期待できます。

思春期

10歳を過ぎたあたりから、女の子は体の骨格や体質が少しずつ変わっていきます。
成長に伴ってホルモンの分泌が過剰になったりバランスが崩れやすくなったりします。そしてニキビが出来たり、なんとなくイライラしたりしてしまいます。生理も始まると、初めは不安で不快に思ったりしてしまうでしょうし、生理に伴う頭痛や腹痛もストレスを感じます。自分の体の変化についていけず、不安を感じストレスになってしまうこともあります。

性成熟期

20歳半ばになると、性の成長も体の成長もある程度落ち着いてきます。
20代~30代は妊娠適齢期ですので、この年代に出産をする方が多いですが、妊娠に伴う体調不良や、産後の不調などを経験する方も多くいるかと思います。
妊娠する前はなかったのに、産後は冷え性や肌荒れを起こしたなどという話もよく聞きます。妊娠後は代謝も悪くなるので、なかなか体重が戻らなかったり、むくみやすくなったりします。産後はホルモンバランスが崩れますので、育児の疲労に加え、なかなか体力が戻らなかったりと不調が続いたりする場合があります。

更年期

女性の閉経前後の5年間の45~55歳は更年期と呼ばれ、のぼせや肩こりなどの様々な体の不調を感じたりします。更年期の症状も個人差があり、全く感じないという方もいれば、生活に支障があるほど重い方もいます。症状も、のぼせや肩こりなど身体的なものから、気持ちの落ち込みなど精神的なものなど様々な症状があります。

女性の不調と高麗人参

思春期のニキビや、更年期の不調はホルモンのバランスが崩れ、自律神経が乱れることが原因の一つですが、高麗人参に含まれるサポニンのジンセノサイドには自律神経のバランスの乱れを整える効果があります。
男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れやすい思春期や、女性ホルモンが過剰に減少する更年期のどちらにも高麗人参を摂取することで症状を抑える事が出来ます。
そして、どの年代の症状もストレスが大きく関わっていますが、高麗人参に含まれるジンセノサイドにはストレスを感じる物質の分泌も調整する効果があるので、ストレスを感じにくくする効果もあるのです。
加えて、高麗人参には血行促進の効果があり、体の体温を上げるので結果的に免疫力アップに繋がり、ストレスに強い体を作ることができます。高麗人参をうまく生活に摂り入れ、どの年代もいきいきと過ごしましょう。

ページのトップへ戻る